子どもたちのキラキラ育てます!

つぶつぶ保育園では、食育や世代交流を通して、身体と心の健やかな成長のお手伝いをします!

デイサービスおむすびからのお知らせ

【重要】介護報酬改定のお知らせ

2021年6月5日

この度令和3年4月より、介護報酬の改定がございましたのでご報告させていただきます。   介護報酬改定とは、厚生労働省が3年に1度行うものです。 今回4月 …

続きを見る

過去のお知らせはこちら

おむすび日誌

このブログでもお伝えしているように、デイサービスおむすびは扉を1枚挟んだ隣に“つぶつぶ保育園”という保育園が同じ屋根の下に併設されています。

普段はお互い別々の空間としてそれぞれ生活をしていますが、世代間交流としてつぶつぶ保育園の園児たち(以下、園児たち)がデイサービスのフロアにやってくることがあります。

利用者さまと園児たちが交流するのは、とてもいい相乗効果があるということは言わずもがな。

今回お伝えしたいのは、その“交流の仕方”についてです。

おそらくみなさんがイメージされているのは、行事の時に園児たちが来て出し物を披露してくれたり、1列になってキーボードに合わせて歌を歌ってくれたり…といった感じではないでしょうか。

もちろん、それもあります。

事実最近では、夏祭りや敬老会の行事で園児たちとの交流がありました。

ただ、そういったある種のかしこまった交流だけではなく、“日常生活の中に自然と園児たちがいる”交流が出来ているのがデイサービスおむすびの、ひとつの魅力ではないかと個人的には思っています。

それができているのはもちろん、つぶつぶ保育園さんの協力があってこそ。

それこそ昔の拡大家族のような、おじいちゃんおばあちゃんが孫と一緒の時を過ごしているような。

どこか懐かしく、そして何とも言えない温かい雰囲気に包まれる瞬間。

我々職員はもちろん、利用者さまや園児たちにとっても心地のいい瞬間になってくれていたらいいなあと思っています。

image1-1

image2-1

世代間交流, 12:52:44


DSC_0088

デイサービスおむすびでは、ボランティアさんの受け入れを行っています。

先日は、ハーモニカボランティアさんが来て素敵な演奏を披露してくれました。

みなさん歌詞カードを見ながら、一緒に歌を歌いました。

普段デイサービスで口ずさむ曲を演奏して下さると、利用者様の声も一段と大きくなり盛り上がりました!

デイサービスおむすびでは、地域の方やボランティアさんにも足を運んで頂けるよう、環境づくりにも力を入れています(^_^)

イベント, 13:13:55


デイサービスおむすびでは、昨日車で春日部市内の梨園に梨狩りに行ってきました。

image2-1

はじめて梨狩りをする利用者さんや、久々に梨狩りをする利用者さん。

移動の車内から、お話が盛り上がります!

梨園に着くと、1人それぞれ2つずつ。
梨園のおとうさんに教わりながら梨を取っていきます。

image3-1

image5

取った梨を2つビニール袋に入れると
「結構、重たいねぇ。」
「大きい梨が取れたわぁ!」
とみなさん、大喜びでした。

image4-1

日頃立位が不安定な利用者さんも、ここぞとばかりに立ち上がって梨を取ろうとしていたのには驚きました!
(もちろん、しっかり支えていましたよ。)

お出かけのほんのひとときの時間でしたが、普段見られない様子や笑顔をたくさん見られた外出レクリエーションでした(^-^)

今回お世話になった梨園さんは、田口梨園さんでした。

【田口梨園】

春日部市内牧3109

048-752-3449

イベント, 15:27:25