子どもたちのキラキラ育てます!

つぶつぶ保育園では、食育や世代交流を通して、身体と心の健やかな成長のお手伝いをします!

つぶつぶ日誌

【おむすびコラム】多様性が生み出したもの

以前のブログで、今年度から一緒に働いているろう学校を卒業したスタッフが『手話の研修』をしてくれたことを紹介しましたが…。

その時の記事がこちら→研修の様子

それを受けて、職員の中でも簡単な挨拶など手話を使う機会が増えてきました。

今回、先生役をしてくれた彼女。

フロアの業務をしてくれるのはもちろん、キッチン業務も手伝ってくれたりと大活躍。

利用者さまの中にも「今日は〇〇ちゃん(彼女のこと)来る日??」と気にかけてくれたり、確実にその存在はデイサービスおむすびに欠かせないものになりつつあります。

そんな彼女とコミュニケーションをとろうと、職員だけでなく利用者さまも手話を覚えようとしてくれています。

ファイル_000 (22)

彼女が来なかったら、なかなか見れなかったんじゃないかと思う光景です。

『手話』が人と人とをつなげてくれた、すてきな例だなと思います(^_^)

 

社内手話研修 ~あれっ!すしざんまい?!~

 

IMG_3601

デイサービスおむすびには、ろう学校を卒業した新卒さんが今年度から仲間に加わりました。

昨日は、そんな彼女が先生になってくれての“社内手話研修”がありました。

IMG_3602

簡単なあいさつから、体調の確認、気持ちの伝え方などを教わりました。

中でも一番の盛り上がりは、“始まる”の手話が“すしざんまいのポーズ”に似ているという彼女のユーモア。

これにはみんな大盛り上がり!

IMG_3603

ここから、「じゃあ〇〇はどうやるの?」「△△の手話は??」とみんなもより前のめりに!

IMG_3604

日常の生活の中に少しづつでも浸透させて、職員間や職員と利用者さま、人と人とをつないで結んでいけたらと思います(^_^)